お酒やタバコと酵素の関係

タバコやアルコールを摂取する方は酵素に要注意

お酒は多少なら体にとっていい!という意見も多いと思います。
もちろん、体にとってベストな量であれば体を温めて血行を促進したりして、体に良い面もありますが、実は量があまり多かったりすると、酵素を減らす結果になるのです。
その理由は寝ている間に体が酵素を作り出して、その酵素によって寝ている間に体をケアしたり、体を作り変えたりするのですが、お酒が大量に体に入ってくることで、そちらの分解に酵素が使われてしまうのです。
もちろん、その結果、本来なら使われるべきである体には酵素が使われなくなるのです。

 

お酒を飲むときに生野菜のスティックをたべたりするのは、お酒を飲みつつ新鮮な酵素を摂取するというのは実は体にとってとても必要なことなのでそうね。

 

もちろん、タバコも同じように体にとっては酵素を減らす要因の一つです。
もちろん、お酒やタバコはできるだけ体から排除するようにするべきですが、なかなかそういうわけにいかない方もいらっしゃるでしょう。
そのときにはぜひ、アルコールの摂取量などを減らしつつも、酵素をしっかりと摂取してみてはいかがですか?

 

酵素を摂取していかないと、タバコやアルコールによる活性酸素の影響でどんどん老化が進んでしまいますよ!
aoki