酵素ドリンクにはどんな野草が使われているの?

酵素ドリンクにはどんな野草が使われているの?

酵素を作るときに使われる野草にはどのようなものがあるのでしょうか?
一般的には
ヨモギ
クマ笹
イチジクの葉
イチョウの葉
桃の葉
タンポポの根
アロエ
マタタビ
オドギリソウ
どくだみ
ビワの葉
ハブ草
などが多いようです。
もちろん、それだけではなく、もっと様々な種類の野草を含んでいるものがとても多いですよ。
それぞれの酵素には独自のブレンドで野草が含まれているので、もちろん上記以外のものが含まれていることもあります。
酵素というのはとても不思議なもので、原材料同士が一緒になることで相乗効果という事も考えられるようです。
また、野草というのは一般的に土壌汚染がされていなくて、農薬なども使われていないものであるために、体に優しいという理由から酵素を選ぶときに野草が多いものを選ぶ、という事も多いようですよ。
もちろん、単純に数ヶ月で仕上げられるような酵素はあまり、植物たちの酵素や栄養を抽出できていないことが多いと思います。
しっかりと数年単位で熟成されている酵素はやはりパワーが違うんだそうですよ。
最低でも3年は熟成されたものをぜひ選んでいきたいものですね。
熟成期間が長いものは全ての原材料がしっかりと混ざり合い、味もとてもまろやかで美味しいそうですよ。
aoki