酵素の種類 ドリンクと錠剤タイプ

酵素の種類 ドリンクと錠剤タイプ

ドラッグストアなどを見ると、ただ酵素と言ってもドリンクタイプと錠剤タイプがあるのが分かります。他にもペースト状になったもの、ゼリー状になったものなど、様々な酵素が販売されています。 実際にその「形状」によって違いはあるのでしょうか? 一般的にはドリンクタイプの酵素は「食事の代わりにする」ことが前提になっているようです。そのために数多くの栄養素を一回で摂取できるように様々な原材料を使っているようです。 また、もちろん味にも気をつけているものも多いので、ジュースのような感覚で飲めるのと同時に「飲んだ」という実感があるのが嬉しいですね。 しかし、その反面、糖分が多いためにカロリーが思っているよりもあるので、飲みすぎには注意しましょう。 他にはサプリメントタイプのも販売されています。 こちらはどちらかというと、食事で摂取できない酵素をサプリメント感覚で補う、というのが目的となっているようです。 疲れやすかったり、最近はちょっと風邪をひきそう、なんていう時にサプリメントのような感覚で酵素を摂取できるのが嬉しいですね。 また、味を気にする必要がないので、糖分が抑えられているために摂取カロリーもかなり低めになっています。 内臓を休めてちょっとダイエットしたい方にはドリンクタイプ、とりあえず足りない酵素を補いたい方には錠剤タイプ、という感じで選んでみると良いでしょう。
aoki